送迎案内

佐久平駅「浅間口」13:45発(ホテル 14:35頃着)/ホテル 11:00発(佐久平駅 11:50頃着)※3日前までにご予約お願い申し上げます。

インフォメーション

【館内】8月のギャラリー展示のお知らせ

 『信州グループ展 vol.4』  参加アーティストのご紹介
 
陶窯薔炎彩
本間 友幸

   陶芸家 本間友幸が2006年よりプロデュースしております、
   生活陶磁器です。
 
野池 征永
   東京国際ガラス学院にてガラスを学ぶ
   北海道富良野の工房にて修行
   長野市にて吹きガラス工房を始める

   阪急、伊勢丹、三越、東京大丸などで作品展
 
amotto(さいとうともこ)
   埼玉県川越市出身
   2013年「amotto(アモット)」として、麻ひもバッグを製作開始。
   長野県内をはじめ、東京、新潟などでグループ展やクラフトフェアに参加
   Facebook「麻ひもバック amotto」 
   
工房廣・工房月天
すくも藍で染めたタペストリーのれん等
山桜、山ぶどうの樹皮で作った花器、バッグ製作
今中 廣明(樹皮)
   2007    朝日現代クラフト展 入選
   2010    日本クラフト展 入選
   2013    熊本伝統工芸館 熊本市賞 入賞
   2015    長野県工芸美術会 松本市教育委員会 入賞
   2016    現代工芸美術長野会 入選 
宇佐美 玲子(藍染)
   1976     愛知県教育大学美術科 卒業
   2001     藍染作家 原田弘子 氏 師事
   2009~2017    愛知県文化振興会公募展 入選
   2016     松本市芸術文化祭 奨励賞
   2017     松本市芸術文化祭 信濃毎日新聞社賞
   
工房ぬく森
   1993    家具職人だった父の端材を使って木工を始める
 1995  たまたま節の抜けた板を使いフクロウをアレンジ、人気を博す。
     本格的に木工に移行。各地のクラフト市に出展。個展、グループ展など活動を広げる
     個展にあわせ、妻もアクリル絵画を制作     
   2003   安曇野に工房を構え、ギャラリーを併設。 ※制作とギャラリー運営に専念
   2006   古布をの雛人形を付く始める
 2013     伊那のかんてんぱぱホールでの展示会をきっかけに展示会を開催
     個展やグルー点を年に数回開催し、現在に至る
 
8×8=64(ハッパムシ)
   
 伊那市にて8×8=64(ハッパムシ)として活動
 名古屋ドーム、梅田阪急本店、ながの東急、
 クラフトフェア等 出展